配管

postheadericon では、どんな方法で

建築家を志したいのであれば、学歴とらわれず実務経験が7年以上あれば、二級や土木などの試験を受けることができます。
また、大学・短大・専門学校・高校などの建築科や土木関係の学科を卒業することで、実務経験が短縮されたり、その期間がなくなったりということで、先の二級や土木などの試験を受けることができるようになるのです。
また、この上に存在しているのが、一級でありますが、これは、大学・短大・専門学校を卒業して、2年以上の実務経験ののちに、一級の試験を受けることが可能であったり、2級を合格して4年以上の実務経験ののちに、試験を受けることが可能になったりします。

建築の将来
このように、建築に関する仕事を将来考えているなら、どのような形で建築家になるための試験を通過していくのかで、自分のしたい仕事を早くやることができるようになる Read the rest of this entry »

ビルの建築

postheadericon さらに上に行くには

この二級という資格意外にこの上に一級というのが存在し、大学院や大学、または、高校や専門学校を卒業して、実務経験をつまないと、筆記試験に望めないのも一級の資格なのです。
一級というのは、この規模も大きなものを扱え、ほとんどのものを建築できる資格でもあるので、この業界の最高の資格であることはまちがいない事実でもあります。
二級というと、住宅用の木造やコンクリートのレベルしか建てることができないので、公共の施設等などは一級の資格ということになるのです。

建築家とは
 建築家という職業は、建物を建てる時の設計図の作成から、工事の監修までを行う仕事です。
 建築基準法 Read the rest of this entry »

オススメリンク
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
アーカイブ
カテゴリー